クラッチバッグ

昨年の4月から通われてる Kさん。

早くも教室内では「レジェンド」と呼ばれておられる方の作品です。

 

本体の革もそのまま使用するのではなく、丁寧に揉み加工をして「水シボ」

 

Kさんの希望で、持ち手も取り付けました。

 

こだわりは、「差し込み錠」

レジェンドは「閂止め」と言っておられました。

1箇所 取り付けるだけでも大変なのに、なんと2個!

 

差込み部分も金具を探して来られて、試行錯誤の末の製作でしたが

なかなか良い感じの出来になりました。

現在、ブリーフケースを製作しておりますが

これまた、こだわっておられるので、今から完成が楽しみです(^^)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL