「 BREE 」 修理

突然ですが、持ち手の修理の依頼です。

「浅草橋の革屋さんで、こちらをを紹介していただいた。」との事で、来店されました。

持ち込まれた鞄は「BREE」の鞄です。見ての通り

かなり使い込まれて、良い感じになっていますが。残念なことに持ち手が終わっています。

 

 

 

もうちょっと、近くで見てみましょう。 反対側も限界です。

 

 

 

オーナーの方と話をしてるうちに、この鞄に対する熱い思いが伝わって来て。

この鞄を「死ぬまで使い続けたい」なんて言われちゃー。もう、やるしかありません!

 

まずは、もともと付いてた「持ち手を」じっくり観察します。

結構、薄い芯に革を包んでる事がわかります。

 

 

オーナーの方は、仕事で重たい物を入れるとの事なので、各部の革の厚み・革材を吟味します。

今回、持ち手の芯には硬さに定評のあるブライドルレザーを選びました。

 

 

芯に革を巻いていきます。

 

 

 

 

手カンに持ち手ベースを通して、接着します。

 

 

革の張りが強く、接着だけでは手カンの周辺は、剥がれてしまうので根元だけを縫い付けます。

 

これで、表の革が巻きやすくなります。

 

 

続いて、表革を巻いていきます。

 

 

 

長さを整え、くるっと巻いて

 

 

 

中心に、ピッタリ揃えていきます。

 

 

 

修理ならではですが、鞄に取り付けてからの縫いは、ミシンでは難しいので手縫いでやりますが。それでも縫い辛いのは変わりません。

無理に針を引っ張って、万が一にでも鞄に傷を付けることがあってはならないので、地券紙で養生します。

 

 

 

ぐるりと、一周縫って完成です。

これで「持ち手」だけで言えば、次の世代まで余裕で持つでしょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください