安全対策(手を切らない為の定規)

教室をやってる上で、怪我だけはしないように工具の使い方は指導しておりますが

刃物を使ってる以上、0パーセントではありません。

以前は、左の細い定規を使用していましたが、より安全な幅の広い定規に変更しました。

この度、60cm定規に安全対策として、ガードを付けてみました。

アルミのL型 アングルでも良かったのですが、定規の目盛りが見えなくなってしまうのでアクリル板を選択。

近所の「シモジマ」でピッタリくるものがなかったので、イメージに近いL字型になってるアクリル板を買ってきました。

Pカッターでカットして。

バリは、紙ヤスリで落とします。

両面テープで、アクリル板を貼っていきます。

圧着。

これで完成。

これで指がはみ出たりカッターが乗り上げて怪我する危険性が、少なくなりました。

次は、1メートルの定規を加工します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください