打ち木 メンテナンス

今回は、教室で使用してる道具で、工具などを叩く「打ち木」をメンテナンスしていきます。

長いものでは、購入してから20年経つ物もあり、部分的に凹んでささくれて来ています。

不用意に触ると、トゲが刺さるので電気カンナで削っていきます。

削る量を調整して3〜4回削ると、凹みも無くなり汚れも落ちて新品同様になりました。

あとは、持ちやすいよう角を削って終了です。

程よく細くなって、持ちやすくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください