ペンケース ほぼ 完成

あれから数回、型紙を修正し作り直して。

ようやく、イメージに近いフォルムになって来ました。

あと1〜2回、ミリ単位で修正したら落ち着くかな。

製作者に、話を聞いてみましょう。

Q:「内縫い の魅力って何ですか?」

私:「 そうですねー、外縫い では難しい 革の持つ 柔らかさ・あたたかみ を表現できる所かな。 一筋縄でいかない所も魅力の一つですね。」

Q:「2色の革を使用した理由は?」

私:「たまたま なんですよ。 焦茶のファスナーしかなくて、玉ブチの色を合わせてみるか って軽いノリで」

Q:「革の厚みは、どのように決められてるんですか?」

私:「使用する革を実際に手で触って、粘りや・張り 硬さを 感じて、どのように仕上げるかをイメージして決めてます。」

Q:「あと1〜2回修正したら、完成ですか?」

私:「いえいえ、とりあえず落ち着くといった所でしょうね。納得することは無いと思います。」

なるほど 一つの作品を仕上げるのに、こんなに大変な思いをされてるとは思ってもみませんでした。

製作者の話が聞けて、とてもタメになりました。

今後の作品を楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください