修理の依頼

時に、修理をする事もあります。

量産品の作り方や芯材に何を使っているか、どういった所がどういった理由で壊れやすいのか勉強になります。

IMG_9424

今回は紳士用鞄の「持ち手」の革の張り替えです。

 

素材は「プラスチック」の時もありますが、今回は「鉄」でした。中は軽量化の為、空洞になっています。あまり広げると金属疲労で折れる事があるので、必要以上は広げません。

革かと思ったら「合成皮革」でしたね。中央の仕切りの部分は、厚紙が使用してありました。

 

 

鉄製の芯にノリがべっとり付いていたのでシンナーに漬けて、布でぬぐい取ります。

 

 

IMG_9432

で、ツルツル。

 

持ち手芯と革にノリを塗布します。

 

浮きが出ないようにしっかりと張り込んでいきます。

キワの部分は角ベラで隙間なく接着。中央の芯は、磨きの事を考えて革に変更しておきます。

ここまで来れば、あとは余分を切り落とし。

 

IMG_9443    IMG_9445

貼って縫って終了。となります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL