ハトメ抜きの目立て

革に穴を開ける道具である「ハトメ抜き」

この道具も立派に刃を持つ道具なのですが、多少刃こぼれしていても

力まかせに打ち木を振り下ろせば穴が開いてしまうので問題ないようにも思えますが。

このような事が積み重なる事で、仕上がりに影響が出てくると思うと放っては置けません。

dsc01317

 

 

じゃあ、どのように研ぐかというと、

ここでも役立つのが「ボール盤」

普通、ボール盤と言えばドリル刃を取付けて穴を開ける道具ですが、

ここでは穴空け作業以外に使う事が多い気がします。

では、早速 ハトメ抜きをボール盤に取付けて、まずは裏刃を研ぎます。

dsc01308

 

 

刃こぼれの酷いのは、ダイヤモンドヤスリで削ります。

dsc01311

 

 

そうでもないのは耐水ペーパーで削ります。

dsc01327

 

 

あとは、研磨剤(革砥)で仕上げて終了。

dsc01328

 

 

この方法が出来るのは、ボール盤にセットできる太さまでですが

こちらでは13ミリの太さまでは大丈夫でした。

研ぎ終わったハトメで革に穴を開けたら、気持ちが良いですね。

dsc01329

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL