持ち手 修理

持ち込みで、修理依頼を受けました。

鞄のくたびれ具合から、どの様に使用されてきたかを想像します。

持ち手の破損具合から、対策を考えます。

ある程度、考えがまとまったら。

まず始めに、糸を切って持ち手を外します。

取り外した持ち手を元に、

製図を描きます。

型紙を作り。

芯となる革を裁断して、表革に接着します。

本日は、ここまで。              (作業時間:35分)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください