持ち手 修理 2

昨日の続きです。

持ち手の芯に、表革を接着して巻いて行きます。

 

巻き込んだのが、こちら。

 

表と裏を貼り合わせます。

 

握るところだけ、革を巻いて縫って行きます。

 

今回は珍しく、ミシンを使用。

 

あとは、鞄本体に取り付けて完成です。

 

今回は、重要な所だけ手縫いで仕上げました。

作業時間:約3時間

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください